ホストチャイルドのテディにナイフを向けられた日

数年前、私がアメリカのNYでベビーシッターをしていた時の話です。これをきっかけに自閉症について学んでいくことになりました。

ホームステイ+ベビーシッターとして働ける、オペアプログラムと言う留学制度があります。ベビーシッターが終わった後や休日に学校に通い、語学やその他の学びたいことを学べる制度です。

それを利用してアメリカに渡り、NYのホストファミリーにお世話になることに。

大学時代の短期留学経験があったので、今回は2回目の留学。最初の留学のファミリーは、5人兄弟。今回ベビーシッターとして働くのは初めてでしたが、4人兄弟なら前回と同じく和気藹々とできるだろうと期待に胸を膨らませ、空港に降り立ちました。

迎えにきてくれたのは美人母。そして4人兄弟上から2番目の長男テディ。

のちにこの美人母がADHDであり、テディが自閉症の行動障害持ちであり、翻弄されていくことになるとは、まだ挨拶の時点では気づきませんでした…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました