赤ちゃんの乳児湿疹の治し方は?原因についても

育児



うちの次女は現在生後1ヶ月。ついに乳児湿疹がプツプツと出てきました…

もちろん長女の時も経験していたため、びっくりはしませんでしたが、赤い顔を見るとかわいそうな気持ちになり…今回は治し方を調べてみました。

大半の赤ちゃんに現れる乳児湿疹とは?

乳児湿疹とは、生後3ヶ月ごろまでに現れる湿疹のことで、顔と頭皮や首などの顔周辺に発症します。赤いポツポツを始め、ニキビのようなものや、黄色いかさぶたやカサカサなど現れ方に個人差があります。

ちなみにうちの娘たちは赤いプツプツとカサカサによる皮膚の剥がれ。一見アトピーのような感じでした。

乳児湿疹の原因は?

はじめに、乳児湿疹の原因の心配から払拭しましょう。

  • 母乳の成分が悪いのでは?
  • 掃除不足によるホコリやダニでは?
  • 洗濯の洗剤では?
  • 保湿剤が原因では?

これらは乳児湿疹が現れたとき、ママなら誰しもが考えてしまう原因です。しかし、乳児湿疹とこれらは無関係ですのでご安心ください。

乳児湿疹の原因はいくつか考えられていますが、妊娠中のままの女性ホルモンの関係で、赤ちゃんの皮脂分泌が活発なためというのが一説にあります。

赤ちゃんの皮膚は薄いため乾燥しやすく、外の刺激から影響を受けやすいため、湿疹が悪化しやすいのです。

乳児湿疹の治し方は?

乳児湿疹を治すには、適切な肌ケアを行う必要があります。

  • 沐浴の時に泡立てた石鹸でよく洗う
  • 擦らない
  • 沐浴の石鹸はよく洗い流す
  • 保湿をする

基本的な事にはなりますが、上記のことを繰り返すと、数日間で効果が現れます。

デリケートなのであまり洗わない方が良いのでは?と思うかもしれませんが、赤ちゃんの肌の皮脂はかなり活発に分泌されています。しっかりと泡だてた石鹸でくるくると皮脂を取り除いてあげることがポイントです。

家族みんなでぷるるんお肌へ【BABY BORN Face&body Milk】

乳児湿疹とアトピー とは何が違うの?

乳児湿疹が出ると、アトピー では?と疑ってしまうママは少なくないでしょう。

アトピー:長期間にわたり湿疹が消えない 

乳児湿疹:長くても数ヶ月で湿疹が消える

この時期の湿疹だけでは、アトピー の判断は難しいもの。長く続いたり、親がアトピー だったりと、疑わしい要素がある場合は、病院で正確な診断をしてもらいましょう。

まとめ

この記事では、赤ちゃんの大半が経験する乳児湿疹についてご紹介しました。

・乳児湿疹は3ヶ月くらいまでの赤ちゃんの大半に起こる顔周辺の湿疹やカサカサなどの肌トラブル

・対策は、沐浴の時に石鹸で皮脂を良く落とすこと

・乳児湿疹の原因は、ママのホルモンの影響と言われている

・アトピー と症状が似ているが、乳児湿疹は長くても数ヶ月で良くなるのに対し、アトピー は長引く

乳児湿疹が出ても焦らずに、沐浴時に良く洗い、気長に治していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました